プレスリリース
2022.11.25
【LegalForce導入事例】 湘南・鎌倉エリアで鉄道、バス、不動産、観光業等の事業を行う「江ノ島電鉄株式会社」、 AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入 〜3、4日かかっていた審査業務が数時間で完結。LegalForceが一人法務の業務負荷を軽減。~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、湘南・鎌倉エリアで鉄道、バス、不動産、観光業等の事業を行う「江ノ島電鉄株式会社」に、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入いただきました。

江ノ島電鉄株式会社 総務部 総務課 大石 綜一郎 様
「LegalForce」導入の背景

・法務専門の部署はなく、法務業務は広報やイベント運営などとともに総務部総務課が担当。
・新規の契約審査依頼は毎月3~4件程度。取り扱う契約は業務委託契約や秘密保持契約など定型的なものが中心。
・導入理由は、法務担当者の業務負荷軽減と契約審査の品質平準化。親会社が「LegalForce」を活用しており、推薦を受けたことも導入の後押しに。

「LegalForce」導入の効果

・「LegalForce」を使うと、これまで3~4日かかっていた審査業務が数時間に短縮。
・契約審査にかかる時間の見通しがつくようになり、事業部へ戻すタイミングの提示が可能に。
・「Wordダウンロード機能」で、審査依頼者と一緒にレビュー結果を見ながら契約書全体を読み込むことができ、事業部門とのコミュニケーションの機会が増加。

会社概要

・会社名 :江ノ島電鉄株式会社
・事業内容:鉄道業、一般旅客自動車運送事業の管理の受託事業、観光業、不動産業、マイクロモビリティ業
・本社  :神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目8番16号
・会社設立:1926年(大正15年)7月1010日
・従業員数:電鉄 230名、バス 458名
・資本金 :300,000 千円
・代表者 :代表取締役社長 楢井 進

 

▽詳細についてはこちらから
導入事例URL ( https://legalforce-cloud.com/usecase/66 )

▽お問い合わせはこちらから
https://legalforce-cloud.com/

 

 

関連記事